エッシャー展

娘にせがまれて、渋谷の文化村に「エッシャー展」を見に行って来ました。
生で見るのは、始めて。娘が「鳥肌が立った」と言っていましたが、まさにその通り・・・
その緻密さに感動しました。
最初は、建築家を目指していたというだけあって、建物の絵が平面なのに三次元の世界!
それも木版画やリトグラフという表現手段なので、その緻密さにただひたすら感動しました。
やはり、頑張って「生」を見なければ、としみじみ思いました。


「昼と夜」 1938年 板目木版
f0001571_15464722.jpg

[PR]
by mimi3-hiroba | 2006-12-22 15:50 | その他
<< LIVING PHOTO展のお知らせ ウォーキング >>